本文へスキップ

神戸、三宮で不妊鍼灸歴15年以上、鍼灸歴45年以上の不妊専門治療院です。子宮内膜症、生理不順等、女性疾患はお任せ下さい。

診療案内Practice guidance

治療の流れについて

  1. @初診


  2. A治療

     
  3. B治療計画の話し合い・お支払い

 
@問診票に記入して頂きお部屋で着替えて頂きます。
 
Aドイツ振動医学の『レヨコンプ』を使ってお身体に周波数を流し身体の状態を測定します。
身体の弱ってる部分、身体の調子や治療すべき場所を決め、鍼、お灸(お灸は希望者のみ)、簡単な体操などを組み合わせ治療します。

Bこれからの治療のペース、日頃気を付けるべきことやアドバイスなどをお話します。

診療内容

気功鍼 子宝の鍼灸の治療目的 

■当院での子宝の鍼灸の治療目的は、人間が持っている自然治癒能力を最大限に活かす事にあります。
 本来持っている自然治癒力を高め、妊娠しやすい身体にすることを目的としています。
 
■妊娠することはもちろん、懐妊後も母体に負担を与えずに
 生体に活力を蓄えて、10ヵ月後の出産まで体力を保持来る様に促しながら治療することを目標にプログラムしています。(当院の治療は出産直前まで治療可能です。)

気功鍼 治療内容 

東洋医学的検査と、西洋医学的な問診、触診等を行い、治療方針を決定します。

■主な治療内容■

『気功鍼』
 (体に触れずに気を送って、筋肉の反応を検査する)
  当院独特の治療法で、筋肉反応や、弛緩反応を診ながら治療も兼ねます。

『一発刺鍼法』
   痛みの無い鍼を刺して左右の筋肉の弛緩を計り、
   体のバランスを整えます。

『電子温灸器』(熱くなく、とても気持ちの良い温熱刺激)
   電子の力で温熱を加えて、42度〜46度までの温度変化で
   直接灸と同じ効果でリラックスしていただきます。

『波動測定・治療』
   ドイツで流行の波動療法の機械『レヨコンプPS10』を使って、
   治療箇所へ該当する周波数を流し測定と治療をします。
   ベッドと枕の下に周波数を流す伝導革を敷いていますので、
   寝ている間は常に何らかの周波数を流しています。
   (周波数なので、痛みも何も感じません。)

日常で気を付けること 


当院では診療を受けていただく際、日常において注意して頂きたい点を案内しています。

体温を上げるために…
 ・身体を冷やさない。特に足の冷えに注意。
 ・寝る時に5本指靴下をはいて眠る。
 ・風呂の温度は41℃より高くしない(冷え症を予防)
 ・冷えた飲み物を飲まない。(身体の冷え)

内臓のために…
 ・骨盤より上部をゴムで締め付けない。
  (ショーツ類のゴム紐、矯正下着に注意。便秘の原因。腹式呼吸を阻害)
 ・なるべくブラジャーは必要時以外外す。
  (血流障害を起こし、リンパの流れを阻害→背中、肩、首のコリ、乳腺症   を引き起こす)
 ・目の疲労に注意(集中力に影響→肝臓の疲れに関連する)
 ・食べ物をよく噛み、すぐ飲み込まない(消化力に影響)

ホルモン分泌のために…
 ・鼻呼吸をする(口呼吸をしない(口呼吸は直接空気が肺に入るため身体を冷やしやすい))
 ・夜更かしをしない(自律神経に影響)
 ・ストレスをためない(大きな声で笑う、カラオケでお腹を使って歌う、旅行や好きなことで気分転換)

正しい姿勢のために…
 ・姿勢は正しく(腰を伸ばして。歩行・正座をする)
 ・歩く時、片側に荷物を持たない(左右均等に。リュックが望ましい)
 ・歩く時、携帯を持って歩かない(歩幅を大きく、手を大きく後方に振る)
 ・両手は大きく後方に振って歩く(踵から着地し、つま先から離れる)
 ・片噛みをしない(姿勢に影響)
 ・伏せ寝をしない(側わん症になる)
 ・頬杖をしない(偏頭痛、側わんに影響)

耳の痛い事ばかりですが、日常生活を健康に送るためのポイントになります。

メイン画面へ戻る






阿うん堂(山田)鍼灸院阿うん堂(山田)鍼灸院

〒651-0094
兵庫県神戸市中央区琴ノ緒町4-2-1 
三鶴ビル301
TEL 078-230-6089
FAX 078-230-6089

inserted by FC2 system